ユッカの育て方

観葉植物 ユッカの育て方

スポンサードリンク

◆リュウゼツラン科◆
インテリア・グリーンの中では木物として人気をよんでいます。
あまり肥料を多く与えて育てると、新芽が伸びすぎて樹姿がくずれるので、多肥栽培をしないでゆっくりと育てます。

 

置き場所

徒長させないように、春から秋まではできるだけ光線に当て、締まった株に育てます。
【1月〜3月】ガラス越しの光
【4月〜10月下旬】できるだけ光線に当てる
【10月下旬〜12月】ガラス越しの光

 

冬越し

寒さには強く、5度もあれば越冬します。
冬は室内でガラス越しの光線に当てるようにします。

 

水やり

春と秋は鉢土の表面が白っぽく乾いてきたら与え、冬は鉢土が乾いたら夕方までに水が抜ける程度の量を与えます。
【1月〜3月】鉢土が乾いたら
【4月〜10月下旬】表土が白っぽく乾いたら
【10月下旬〜12月】鉢土が乾いたら

 

肥料

控えめにします。5月〜9月に1〜2回、緩効性の化成肥料か油かすの置き肥えを施します。
【5月〜9月】に1〜2回置き肥え

 

病害虫

カイガラムシに注意します。
【4月初旬〜10月下旬】カイガラムシ

 

植え替え

新芽が大きく伸びて、入手したときのバランスの良い樹姿がくずれたら植え替えます。
【植え替え時期】5月〜9月
【材料】排水の良い土(赤玉土3・川砂2・腐葉土1)を用います。
【方法】伸びすぎた新芽の芯をハサミなどで切り取って、生長を止めると下の茎から新しい芽が動いてきます。
芽が動いているのを確認したあと、新芽の上の茎をのこぎりで切り落とし、切り口に石灰などを塗って腐りを防ぎます。
鉢から抜き、鉢土を2分の1ぐらい整理します。鉢は同じ大きさにして植え替えます。

 

増やし方

5月〜9月に挿し木で増やします。

 

地ぎわの茎が腐って株が倒れてきた
水が多すぎて過湿となり茎が腐る時があります。また、根が十分張ってない株が市販されていることもあり、この場合には水があまり多くなくても腐ることがあるので注意します。
入手する時は幹がぐらつかない株を選びます。
いずれの場合も早めに傷んだ芽を切り取り、健全な部分の芽を挿し木として再生します。遅れると腐りが進行して株全体を枯死させてしまいます。

 

ユッカの種類のいろいろ

メキシコ原産です。エレファンティペスは古くから栽培されていましたが、数年前から高さ1.5〜2mの太い幹の先端部から光沢のある緑色の葉を芽吹かせた株が出回り、この樹姿が現代的な建築にマッチして人気を呼んでいます。小型で灰緑色の葉を密につける種類は、バランスの良い草姿で注目されています。

 

エレファンティペス

 

サイトマップ