観葉植物 ストレリチアの育て方

観葉植物 ストレリチアの育て方

スポンサードリンク

◆パショウ科◆
耐寒性が合って丈夫なうえ、花がエキゾチックな魅力がありますが、光線不足だと花付がよくないので、光線によく当てるようにします。根が太く多肉質なので水は控えめにします。

 

置き場所

花つきを良くするためには春から秋は戸外の光線に十分当てるようにします。
【1月〜3月】ガラス越しの光線
【4月〜10月下旬】戸外の光線
【10月下旬〜12月】ガラス越しの光線

 

冬越し

寒さには強く、水やりを控えめにすれば2〜3度で越冬します。室内のガラス越しの光線に当てるようにします。

 

水やり

根が多肉質で乾燥には強く、過湿を嫌います。春から秋は鉢土の表面が白っぽく乾いたら与えます。冬は水やりは控えめにし、鉢土が乾いたら与えるようにします。
【1月〜3月】鉢土が乾いたら
【4月〜10月下旬】表土が白っぽく乾いてきたら
【10月下旬〜12月】鉢土が乾いたら

 

肥料

5月〜9月に2か月に1回、緩効性の化成肥料か油かすの置き肥えを与えます。
【5月〜9月】2か月に1回置き肥え

 

病害虫

葉にカイガラムシが発生しやすいので、発生を見たらカルホスなどで防除するか歯ブラシなどでこすり落とします。
【5月〜9月】カイガラムシ

 

植えかえ

葉や葉柄に生気がなく、しわが寄ってきたら根腐れなので植え替えます。
【時期】5月〜9月に行います。
【植え込み材料】排水の良い土(赤玉土4・腐葉土1・川砂2)を用います。
【増やし方】5〜9月に株分けや実生で増やします。

 

 

花が咲いたストレリチア

 

鉢が割れて根が鉢の外に飛び出してきた
ストレリチアは根が太くて多肉質なので鉢にひびが入っていると、根が伸びるにつれて簡単に鉢を壊して根が外に張り出します。株分けを兼ねて植え替えます。

 

ストレリチア種類のいろいろ

南アフリカ原産です。
ゴクラクチョウカは切り花としても有名です。葉は長楕円形で光沢のある革質で緑色となります。花はオレンジ色のがく片と青色の花弁があります。
ユンケアは葉が花梗のように円柱状になるのでノーリーフ・ストレリチアとも呼ばれています。
ニコライは大型の種類でルリゴククラクチョウカとも呼ばれ、葉は大きく花も大型となり、がく片が白色です。

 

サイトマップ