観葉植物 サンセベリアの育て方

観葉植物 サンセベリアの育て方

スポンサードリンク

◆リュウゼツラン科◆
多肉質の葉に横縞などの模様が入り、古くから観葉植物として親しまれています。
ただ寒さに弱いので、冬に温度が不足する時は、水を全く与えないようにします。

 

置き場所

高温を喜ぶので春から秋は戸外の直射日光に当てますが、夏は半日陰におきます・
【1月〜4月初旬】ガラス越しの光
【4月初旬〜7月初旬】戸外の直射光線
【7月初旬〜9月初旬】半日陰
【9月初旬〜10月下旬】戸外の直射光線
【10月下旬〜12月】ガラス越しの光

 

冬越し

寒さには弱く、越冬には10度以上が必要です。室内でガラス越しの光線によく当てます。

 

水やり

葉が肉厚で乾燥には強いのですが、過湿には弱いので水は鉢土が乾いたら与えるようにします。冬は最低10度以下になったら水をきります。
水を切ることで寒さにも強くなります。
【1月〜4月初旬】与えない
【4月初旬〜10月下旬】鉢土が乾いたら
【10月初旬〜12月】与えない

 

肥料

生育旺盛な5月〜9月は、月に1回緩効性の化成肥料か油かすの置き肥えを与えます。
【5月〜9月】1か月に1回置き肥え

 

病害虫

ネカイガラムシが根に発生するので、ダイシストン粒剤などを鉢土の上にまきます。
【1月〜12月】ネカイガラム

 

植えかえ

1〜2年すると株が鉢いっぱいになるので、株わけをかねて植え替えをします。
【時期】5月〜8月に行います。
【植え込み材料】排水の良い土(赤玉土4・腐葉土1・川砂2)を用います。
【増やし方】5〜8月に株分けします。葉挿しも可能ですが、斑入り種は元の緑葉に戻るので、株分けのみになります。

 

 

冬に地ぎわが腐ったようになり、葉がバタバタと倒れてしまった
最低10度以下になって水を与えると、葉が凍傷を受け地ぎわが腐って倒れます。このような葉は腐った部分を切り落とし、新聞紙などに包んで暖かくなるまで日陰に置き、5〜6月に葉を5〜10cmに切って葉挿しします。

 

サンセベリア種類のいろいろ

南アジアやアフリカの乾燥地帯原産です。
一般にはトリファスキアータとその園芸品種を育てています。トリファスキアータは緑色の濃淡で横縞模様が入ります。チトセランとかトラノオとも呼ばれます。ローレンティーはフクリンチトセランとも呼ばれ、基本種に黄色の覆輪斑が入り、葉長gあまり伸びない、ローレンティー、コンパクタは緑黄色の覆輪斑となります。ハーニーは小型の品種で葉色は基本種と同じです。

 

サイトマップ