観葉植物 ポトスの育て方

観葉植物 ポトスの育て方

スポンサードリンク

◆サトイモ科◆
乾燥に強く丈夫なのでインテリアグリーンとして人気があり、ヘゴ付けや吊り鉢などで楽しみます。
葉色を美しく保つには真夏以外はなるべく窓際に置き、光線が当たるようにします。

 

置き場所

光線が不足すると斑が不鮮明になります。春、秋はベランダとか室内でも窓際に置き、十分光線に当てます。
夏は半日陰におきます・
【1月〜3月】ガラス越しの光
【4月〜7月初旬】光線によく当てる
【7月初旬〜9月初旬】毎日
【9月初旬〜10月初旬】光線によく当てる
【10月初旬〜12月】ガラス越しの光

 

冬越し

水を控えめにして10度以上を確保し、ガラス越しの光線に当てるようにします。

 

水やり

春と秋は鉢土が白っぽく乾いたら与え、夏は毎日冬は鉢土が乾いたら与えます。
【1月〜3月】鉢土が乾いたら
【4月〜7月初旬】表土が白っぽく乾いたら
【7月初旬〜9月初旬】毎日
【9月初旬〜10月初旬】表土が白っぽく乾いたら
【10月初旬〜12月】鉢土が乾いたら

 

肥料

5月〜9月の生育期に2か月に1回緩効性の化成肥料か油かすの置き肥えを与えます。
【5月〜9月】1か月に1回置き肥え

 

病害虫

ヘゴ付け株はヘゴ柱にも水がかかるように株の上から与えます。葉裏にハダニが発生することがあるので、アカールなどで防除します。
【5月〜9月】ハダニ

 

植えかえ

下葉が落ちたものや、葉色が悪く節間も間伸びしているのは、植え替えして再生します。
【時期】5月〜8月に行います。
【植え込み材料】排水の良い土(赤玉土3・腐葉土1・川砂1)を用います。吊り鉢には軽い用土(ピートモス3・パーライト1・バーミキュライト1)を用います。
【方法】茎から根が出ているので、あらかじめ根をミズゴケでくるみ、細根を出させてからその下で切りはずし、植えつけます。
【その後の管理】半日陰のところに置き、水は鉢土が乾いたら与え、葉にはまめに霧水を与えるようにします。新芽が動いてきたら元に戻します。
【増やし方】5〜8月に挿し木で増やします。

 

 

ヘゴ付け株の下葉が落ちた
ヘゴ付け株は下葉が落ちると見苦しい草姿になりますが、上から伸びたつるを下に誘引すれば落ちた個所を補えます。
大鉢の場合は小株を補植します。多くの葉を落とした場合は、植え直して再生した方が良いでしょう。

 

ポトス種類のいろいろ

ソロモン諸島原産です。
ポトスはオウゴンカズラとも呼ばれ、つる性で大きく伸びると大葉となり、モンステラのような切れ込みが入ります。
観賞用に育てているのは幼葉で卵状楕円形となり、鮮緑色に淡黄色の斑が不規則に入ります。
ハワイアンは最も新しい品種で乳白色の砂子斑が入ります。
マーブルクイーンは白色の斑が大きく入ります。
ライムは全葉が黄緑色から淡緑色になり、光線が強くなるほど黄色が強く出ます。

 

サイトマップ