観葉植物 モンステラの育て方

観葉植物 モンステラの育て方

スポンサードリンク

◆サトイモ科◆
葉の形が独特の上、耐陰性、耐寒性にすぐれているので、インテリアグリーンとして人気があります。生育するにしたがって葉の形や大きさが異なるので、生育に応じて鉢を大きくしますが置き場所に困る時は肥料を控え、生育を抑制します。

 

置き場所

強い光線だと生育が悪くなります。
春と秋はレースの光線越しに当て、夏は半日陰のところに置きます。
【1月〜3月】ガラス越しの光
【4月〜7月初旬】レースのカーテン越しの光
【7月初旬〜9月初旬】半日陰
【9月初旬〜10月下旬】レースのカーテン越しの光
【10月下旬〜12月】ガラス越しの光

 

 

冬越し

寒さには強く、5度あれば越冬できます。
室内でガラス越しのところに置きます。

 

水やり

乾燥には強いところがあります。
春と秋は鉢土の表面が白っぽく乾いたら与え、夏は毎日与えます。
また冬は、水を控え鉢土が乾いたら暖かい日の午前中に、夕方までに鉢中の水が抜ける程度与えます。
【1月〜3月】鉢土が乾いたら
【4月〜7月初旬表面が白っぽく乾いたら
【7月初旬〜9月初旬】毎日
【9月初旬〜10月下旬】表面が白っぽく乾いたら
【10月下旬〜12月】鉢土が乾いたら

 

肥料

5〜9月に二か月に1回緩効性の化成肥料か油かすの置き肥えを与えます。
【5月〜9月】2か月に1回置き肥え

 

病害虫

4〜10月にカイガラムシや葉や茎い発生することがあります。
発生を見たらカルホスなどを散布して防除するか、あるいは歯ブラシなどでこすり落としてしまいます。
【4月初旬〜10月下旬】カイガラムシ

 

植えかえ

下葉が上がってきたら、根詰まりや株の老化などが原因なので植え替えます。
【植えかえ時期】5月〜9月に行います。
【植え込み材料】排水の良い土(赤玉土3・腐葉土1・川砂1)を用います。
【方法】茎から根が出ているので、あらかじめ根をミズゴケでくるみ、細根を出させてからその下で切りはずし、植えつけます。
【その後の管理】半日陰のところに置き、水は鉢土が乾いたら与え、葉にはまめに霧水を与えるようにします。新芽が動いてきたら元に戻します。
【増やし方】5〜9月に挿し木で増やします。

 

ハネカズラの芽が伸びすぎた
光線不足が原因です。あまり光線不足だと徒長して節間が間延びしてしまいます。
挿し木をして再生してください。
・伸びた葉は2〜3節ずつカットして挿す。
・十分発根したらヘゴ材を立てて植えつける。

 

仕立て方・楽しみ方

モンステラやヒメモンステラは大・中鉢のヘゴ付け仕立てで楽しみます。
実生の幼株を小鉢にしても楽しめますが、生育旺盛ですから大きくなったらヘゴ付けにします。
ハネカズラは小鉢のヘゴ付け仕立てて楽しみ、マドカズラは吊り鉢でも楽しめます。

 

モンステラの種類

サトイモ科で、熱帯アメリカ原産です。
デリキオーサはホウライショウあるいはデンシンランとも呼ばれ、太い茎から気根を伸ばします。
葉は卵円形で光沢のある濃緑色となり、羽状に切れ込み、主脈と側脈の間に楕円形の穴があきます。
花は白色の仏炎苞に包まれます。

 

フイリモンステラは白色や黄色の斑が不規則に入ります。
アンダンソニーはヒメモンステラあるいはペッサムとも呼ばれ、モンステラに似ていますが、葉が左右不相称となり区別できます。
実生の幼株は葉に切れ込みが入りませんが、大株になるにしたがって切れ込みが大きくなります。

 

フイリヒメモンステラはフイリモンステラと同様の斑が入りますが、葉先が傷みやすい欠点がります。

 

マドカズラは小型の種類で、茎をよく伸ばし、葉は長卵形で、主脈と側脈の間に楕円形をした大小の穴がありますが、羽状の切れ込みはほとんど入りません。

 

ハネカズラ茎をの伸ばしてヘゴ付けにします。葉は切れ込みが入らず、光沢のある濃緑色となります。
フイリハネカズラは白色の斑が不規則に入りますが、不安定でいつの間にか消えてしまうことがあうので注意します。

 

サイトマップ