観葉植物 パキラの育て方

観葉植物 パキラの育て方

スポンサードリンク

◆パンヤ科◆
耐陰性、耐寒性にすぐれているのでインテリアグリーンに適しており、人気を呼んでいます。なるべく光線に当てて締まった株に育てて、伸びすぎた枝は整枝・剪定をして株を整えます。

 

置き場所

光線が不足すると徒長し、間延びした株になります。
春から秋は戸外の直射光線に十分当て、締まった株にします。
【1月〜4月】ガラス越しの光
【5月〜9月】戸外の直射光線
【10月〜12月】ガラス越しの光 

 

冬越し

5度程度で冬越しします。
室内に置き、ガラス越しの光線が当たるようにします。

 

水やり

水は好む方で、ハイドロカルチャーでも楽しめますが、過湿は避けます。
春と秋は鉢土の表面が白っぽく乾いてきたら与え、夏は毎日、冬は鉢土が乾いたら与えます。空中湿度を求めるので、葉水はまめに行うようにします。
【1月〜3月初旬】鉢土が乾いたら
【3月初旬〜7月初旬】表面が白っぽく乾いてきたら
【7月初旬〜9月初旬】毎日
【9月初旬〜10月下旬】表面が白っぽく乾いてきたら
【10月下旬〜12月】鉢土が乾いたら

 

肥料

5月〜9月に2か月に1回、緩効性の化成肥料か油かすの置き肥えを与えます。
【5月〜9月】2か月に1回置き肥え

 

病害虫

5月〜9月にハダニが発生することがあります。葉裏が斑点状に白くなったらハダニです。
ケルセンなどの殺ダニ剤を散布して防除します。
【5月〜9月】ハダニ

 

植えかえ

株が育ち、鉢と株とのバランスがとれなくなったら植え替えをします。
【植えかえ時期】5月〜9月に行います。
【植え込み材料】排水の良い土(赤玉土3・腐葉土1・川砂1)を用います。

 

増やし方

種子が入手できれば実生で簡単に増やせますが、一般的には5月〜9月に挿し木で増やします。
タコの足のように出た気根がユニークで人気があります。ほとんどの種類は葉緑などに鋭い刺があるので置き場所などに注意してください。
やや寒さに弱いですが、乾燥に強いので冬期は水を控えます。

 

下葉が落ちて見苦しくなったら・・・
水切れによる極端な乾燥や根詰まり、あるいは光線不足などいくつかの原因が考えられますが、パキラは新梢の伸長が速く、ほおっておくとすぐに丈高になります。
幸いなことに、どこで切り戻してもよく芽吹いてくれるので、下葉が落ちたら切り戻して仕立て直します。小株にしたいときは基部の膨らんでいる部分の上で切り、植え替えてやります。
切り落とした部分は挿し木に利用します。

 

パキラ種類のいろいろ

熱帯アメリカ原産です。アクアティカはカイエンナッツとも呼ばれ、種子を食用にします。生命力が強いので象の足のような太い幹から芽吹かせた茎に、光沢のある濃緑の掌状葉をつけたものは、デパートなどの装飾用に用いられています。一般家庭では、実生で作られた小株で、幹の基部が膨らんだものが用いられています。

 

 

サイトマップ