観葉植物の冬越し

観葉植物の冬越し

生育最低温度は厳守する

 

熱帯地方の観葉植物にとっては冬は受難の季節といえます。
寒さに耐えなければいけませんが、植物が生育するための最低温度は、植物の種類によって多少の差はありますが約10度です。

 

一般的には植物が耐えれる最低温度は10度と覚えておきましょう。
この10度というのは、朝方の一番冷え込んだ時に、10度を保てるようでなくては、植物は枯れてしまうということです。

 

しかし冬の寒さに耐えられないはずの植物が10度を割り込むような寒い日が続いているのに、元気でいるように見えることがあります。
本当はこの植物は寒さに強いのではないかと思ってしまいます。
そして管理の仕方しだいでは冬の温度はそれほど必要でないのではと思ったりしていると、春の風が吹く季節となった時にバッタリと息絶えてしまうことがあります。
これは不思議なことですが、人間の思いやりのなさというか、言葉をしゃべれない植物の哀しさをいやというほど教えられる出来事と思います。

 

やはり植物が本来持っている性質は変えることは無理なのです。ですから必ず最低温度は厳守するようにしてください。

 

保温の工夫をしましょう

保温を考える場合、頭に入れておいていだきたいことは、木造よりコンクリートの方が2度ほど良くて(できたてのコンクリートは別)、1階建てより2階建ての方が暖かく、1階より2階の方がより暖かく部屋の隅より中央の方がより暖かいということです。

 

冬の置き場所としては、コンクリート住宅の2階の部屋の真ん中の高いところが植物にとっては一番良い場所なのですが、そこは人間が先に占領している場所となっています。
窓際の光があたる所は日が当たって良いのですが、日が落ちたあとは最悪の場所となります。夜寝る時は植物も人が寝る場所に移動させ、鉢の頭から段ボールなどをかぶせて、布団代りにしていただくと植物にとって負担がより少ない環境となるでしょう。

 

保温はそれぞれのご家庭で色々な方法があると思いますが、まずは植物の種類によっても最低温度が違いますので、よく性質を理解して最低温度を確保することが大切です。

 

観葉植物の夏越し

 

サイトマップ

観葉植物の冬越し関連ページ

観葉植物の夏越し
日差しが非常に強い観葉植物の夏越しで注意しておきたいことなどをご紹介します。