光触媒の観葉植物の効果について

光触媒の観葉植物の効果

スポンサードリンク

光触媒とは蛍光灯や太陽などの光を照射することにより、物質自体には変化はないですが、表面で接触して化学反応を促進して物や細菌などの有害化学物質を分解、無害化、除去することができる環境浄化材料です。

 

 

 

 

 

 

 

 

光触媒の観葉植物の特徴

光触媒の観葉植物は、人工の植物(造花)です。

 

■光触媒の効果により消臭 ペットやタバコなどの悪臭を消去します。
■抗菌 酸化力により雑菌の分解、排除、増殖を抑制します。
■防汚 表面に付着した様々な汚れを分解し汚れをつきにくくします。
■ホルムアルデヒドの分解 建材や家具などから発生するホルムアルデヒドを分解し除去します。

 

光触媒の人工観葉植物は本物の観葉植物と違い、水やりや植え替えなど面倒な手入れはもちろん必要ありません。
季節に関係なくいつでも青々として元気な姿。造形も変わりませんので、最高の造形でお部屋の空間演出をしてくれます。
またもちろん日のあたらない室内でも観葉植物をインテリアの一部として楽しむことができます。
害虫などの発生も気にすることなく光触媒の効果でお部屋が年中クリーンに保たれ衛生的な人工観葉植物として人気です。

 

というように光触媒の観葉植物は良い事ばかりです。
日の当たらない室内や店舗などに置くのも清潔感があっておススメです。

 

【モンステラの光触媒】

 

【その他の光触媒】
お部屋のインテリアに最適な観葉植物

 

サイトマップ