用土の選び方

用土の選び方

観葉植物の培養土としては排水性と保水性がよく、肥沃な土が基本です。
一般的にはピートモスを基本にしてパーライト、バーミキュライト、赤玉土、軽石などを等量に配合したものを用いています。

 

しかし、人には生活があり、好みもあるので自分にあった配合土を作るのが良いでしょう。
水やりが好きな人は排水性の良いパーライト、ビーナスライトなどを多めにします。

 

反対に水やりの時間のない人は保水性の良いバーミキュライトやネニサンソなどを多めに入れることで調整ができます。

 

また植物の種類によっても多少異なるので、用土の性質を知って自分なりの配合を作るようにします。

 

用土の種類

黒土 畑の中で、保肥力があります。花物などに混ぜます。
腐葉土 落ち葉に腐らせたもので、通気性がよく保肥力があります。

川砂と山砂があります。角がしっかりしたものを使うようにします。
排水を良くするために使います。

赤玉土 火山灰土で粒状になっています。排水性、保水性に優れています。
軽石 多孔質の溶岩で、軽く固く、排水性に・保水性があります。
ミズゴケ ミズゴケを乾燥させたものです。保水性、通気性が良いので挿し木や取り木などに広く使われていますが、最近は品不足で高価なのが難点です。
ピートモス 湿地性の植物が堆積して腐朽したもので保水性があります。
鹿沼土 栃木県鹿沼地方から産出する多孔質土。通気性・保湿性があります。
バーミキュライト ひる石とも呼ばれ、ひる石を焼成したもの。保水性・排水性があります。

パーライト・ビーナスライト

真珠岩を焼成したもので、多孔質で軽く、保水性・通気性が優れています。
ネニサンソ パーライトを粉状にしたもので、保水性と通気性が優れています。
ハイドロボール 頁岩(ケツガン)焼成した多孔質粒で、保水性・通気性にすぐれています。

 

サイトマップ